渋谷だけど安田裕美

上京して初めて一人で生活することになりました。この時、荷物と言えるような荷物もあまりなく、考えた挙句、クロネコヤマトの宅配サービスを使って引っ越しを済ませました。ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、プロの引っ越し業者に頼むよりかなり安くついたはずです。ある種の生活必需品、たとえば布団とかは住むところで買えばいいと考えていました。だからそんな引っ越しもできたのだと考えています。引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、転居元と転居先の隣近所に向けて忘れずに挨拶するのが良いでしょう。挨拶をサボると隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。いざという時の隣人トラブルを円満に解消するためにも、隣人には、可能であれば挨拶をしておいた方が良いと言えます。色々とやることの多く、時間と手間のかかるのが引っ越しです。ところで自分で荷物を梱包して準備を済ませてしまう人も、大勢いらっしゃるようではありますが、いくつかのの引っ越し会社では、荷物の梱包を会社のサービスとして行ってくれるプランやコースがあります。こういった場合でしたらなるべく作業員にしてもらった方が良いかもしれません。業者の方が作業には慣れていて、時間もかかりませんし、もし何か問題が起こった時には実際の作業をした業者が、その責任をとって被害があった荷物の弁償をしてくれる場合もあります。引っ越しで、プロの手を借りずに、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合は荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、詰め込みやすくするための工夫をします。大きすぎないダンボールを使って荷造りをしたり、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。このように、荷物をできる限り少なくする、というのは、とても大事な点です。引っ越しの際、エアコンの扱いについて何も決められずにいる、などというような問題にお困りではないでしょうか。自分で取り外しや取り付けをするのは、知識がないと相当難しく、そうであるなら、電気屋さんに依頼するのか、引っ越し会社のスタッフに、取り外してくれるよう依頼するか、それはそれとして、新居での取付工事はどこに任せたらよいのか、などというように、不明点が多いので、延々考えあぐねることになります。他の家電と違い、エアコンの扱いは専門家に任せた方が間違いがありませんから、エアコンサポートセンターなど専門店に問い合わせをしてみるのも良いでしょう。衣類、特に厚手のコート類などを引っ越しの荷物として運ぶ時に大抵の引っ越し業者からレンタルすることができる引っ越し専用の衣装ケースを利用することにより荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。通常のダンボールを利用すると衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこういった衣装ケースの場合はハンガーのままケースにかけていって、荷造りを完了させられます。引っ越し先に移動し終えたら衣装ケースの中身を衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。いろいろな引っ越しの進め方がありますが、梱包や運搬、引っ越しにまつわるすべてを業者に任せる人も増えてきたようです。でも、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、作業を近くで見ておくべきです。仮に業者が大きな荷物を運んでいる間に傷をつけるなどの損害が発生した場合、業者は、約款により補償を行わないといけません。ただし、傷が確実に引っ越しによってついたものだと自分でわかっておく必要があります。新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、次はぜひ簡単に、準備の進め方を計画しておくと良いです。荷物の梱包などを極端に早く開始すると今現在の生活が少し、不自由になることもあるでしょう。ですが、のんびりしすぎると予定に間に合わなくなることも考えられます。ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などからまとめていくようにすると無駄なく進めていけるはずです。何かサービスを受けた時にいくらか包む、いわゆるチップの習慣は日本にはありませんが、引っ越しの時に限っては、業者に料金以外のお金を包むという人は意外と多いです。引っ越し作業という大仕事をしてくれるスタッフにお礼の気持ちをこめて、心付けを渡したり、また、飲み物など差し入れを、あらかじめ用意したりします。こういったことをする必要は、本来全くないのですが、大変な、気の抜けない作業をしているスタッフからすると、心付けをもらえるのはかなり喜ばしいことのようです。気持ち良く作業してもらえるなら、チップ的なものも充分ありですよね。賃貸の部屋から引っ越しをする場合、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。掃除をしたからと言って、何か良いことがあるとは到底、言えないのですが、大家さんも気を悪くすることはないでしょうし、それが敷金返還のことなどに影響する可能性もあるでしょう。最後のお掃除をする時、どうしようもない汚れとか修理が難しいほどの破損などは、諦めた方が良さそうです。あれこれいじり倒すと、余計に悪くなることの方が多そうです。洗濯機ですが、うちではドラム式のものを使っています。少し前に転勤により、引っ越しをしました。引っ越してきた日、荷物が届けられましたが、濡れているダンボールを発見し引っ越し業者に連絡を入れてみました。ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようで何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。その状態のままで荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、ホースの中に残った水を抜く、ということは考え付かなかったのでまた引っ越しの機会があれば、その時は忘れないでおきます。出来るだけ引っ越しの出費を抑えたいとい方の味方になってくれるのが赤帽です。ご存知のように、一人暮らしなどの引っ越しには他業者よりも強いです。料金設定は時間制のものが多いので、荷物運びを手伝うことで作業にかかる時間を抑えることが可能です。赤帽車は軽自動車なので積載量に不安があるかもしれませんが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。引っ越しを控えて新居へ運ぶか、もしくは捨ててしまうかという荷物の選択をしていくと、意図していなくても、どんどん粗大ゴミが増えてきます。こういった粗大ゴミですが普段のように、ゴミ収集日に出すことはできなくて、まず自治体に処分方法を尋ねて指示通りに処分することになります。引っ越し日が近づいてきてからゴミの処理を始めると、かなり慌ただしいですから、効率よく処分を進めておくと良いでしょう。引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。ただし、引っ越しで退去する家が賃貸住宅でしたら、大家さんや管理人といった立場の人に取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを一度尋ねてみましょう。その家に次回住む人が、エアコンをすぐ使えるため、あっさり希望が通ることがあるのです。エアコンをこうして残していける場合は取り外し工事の料金がかからなりますから、それなりの節約につながります。一体、引っ越しにかかるお金はどれくらいなのか知らないままでいるうちは、少し不安になりがちです。でも、インターネットを利用することですぐにわかるでしょう。いくつもの引っ越し会社からいっぺんにざっくりとした見積もりをもらえるようなサービスもありますから、引っ越し業者の選択に迷ってなかなか決められないでいるなら業者の比較サイトはたくさんありますので参考にしてみましょう。何かとお金がかかるのが引っ越しですが、どの引っ越し業者に頼むかによって、必要な出費が左右されます。多くの引っ越し業者がありますから、その中でも自分にとってベストな業者を見付けたいですよね。他より多少費用が高い業者でも、荷造りで悩みがちなゴミの回収といったオプションサービスを実施しているところもありますから、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、ついてくるサービスやオプションを確かめてから判断するのが一番良い方法だと思います。引っ越しをすると、様々な手続きをする必要が出てきます。それらの中でも、特に大事なものと言えば自動車運転免許証と、車庫証明でしょうか。普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は本人確認書類として大変重宝しますので、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。しかし、同じように重要な、車庫証明の登録し直しについては、後回しにされてしまうことがあります。これも免許証同様、最寄りの警察署で登録し直せますので、車庫証明も免許証と同時に手続きをしておきますと何度も足を運ばずに済みますよ。無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。運転はほとんどしないからということで、次の免許更新の時が来るまで特に住所変更をしておく必要性を感じない、と考える人も一定数存在するようです。でも、車やバイクの運転時に携行するだけではなく、運転免許証は使い道が意外とあります。例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は本人確認書類として使うことができます。銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたがマンションを購入することができ、引っ越すことにしたのでした。引っ越し当日に起こったことですが、作業の最中、大型の、重いテーブルに取り掛かった時、分解できるはずなのに脚が全く取り外せず、あきらめて、そのまま運んでもらったのです。そうしたら、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、不本意な追加料金を払うことになってしまいました。できれば事前に追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大事だと思いました。家族が多く、荷物も大変な量になりますから、引っ越し作業はもう、ほとんど業者にお願いしております。ですが、いつも、心付けをどの時点で渡せばいいのか、迷います。お仕事代は全く別にきちんと支払いますが、長時間の大仕事をこなしてくれましたから、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。飲み物一人あたりペットボトル一本ずつと千円札一枚ずつを気持ちとしてお渡ししています。でもふと、皆さんはだいたいお幾らほど、そしていつ渡しているのか、知りたいところです。予約を入れて、引っ越し作業を依頼しておいた場合、直前になってキャンセルをすると、多くの場合、キャンセル料を請求されるでしょう。業者は見積もり作成時、キャンセル料が発生する条件について説明する義務を負います。けれども、書面だけでの説明となるとその記載部分に気付けないかもしれません。なので、引っ越しの予約を入れようとする時に、キャンセル料がいつ発生するか質問しておく方が良いかもしれません。引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと思う方もいるかもしれませんが、やはりお互いが気持ちよく生活するためにも大事なものです。さて、挨拶には何か贈答品を用意する必要がありますが、のし付けをどうするのが良いのかが困りますね。あまり堅苦しいものも良くありませんので、外のしを使うのが一般的ですね。表書きはご御挨拶で、下には自分の苗字を記名すれば完璧ですね。新しい住居に越してくる際、運搬と設置に少し注意したい家電と言えばなによりも、洗濯機ではないでしょうか。毎日のように、水をたくさん使う家電ですし、ほどんどの場合は、水道のある場所に設置されることになります。浴室の近くに設置されることの多い洗濯機ですが、周囲は湿気がこもりやすく、それに、一度水漏れが起こると、排水溝から水が溢れやすいので、湿気の排除と、水漏れ対策、この二つを不備の無いようにしておきましょう。これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。はずかしながら、自作の陶器でしたから、かなりショックを受けました。ただ、値段のつくようなものではないので文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。よく質問がありますが、引っ越しの時の積み込みにかかる時間というのはいつも同じではありません。部屋は何階なのか、荷物はどれだけあるのか、実際に作業できる人数は何人か、などの条件で全く違ってきてしまうのです。ですから、あまり当てにはならないかもしれませんが一応、単身の、最もコンパクトな引っ越しの場合で約30分、荷物の量が極めて多めの世帯であれば2時間と少し程、だいたい普通の一般家庭の引っ越しなら、これらの範囲内で済むようです。冷蔵庫のような、大きくて重量のある家電を運んでいるのを見ていると、落としたりぶつけたりしないか、ヒヤヒヤします。もし、落下させて完全に壊してしまった、なんていった風になってしまうとガッカリしますから、作業スタッフの面々が、荷物を丁寧に運んでくれる会社を信用しています。私自身は、仕事の都合で何度も引っ越ししていますが、大体いつも業者と一緒に作業をしており、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。それに、引っ越し作業が原因で、荷物がダメージを受けた場合は補償を受けられますので、頑張って自分で運ぶより作業はお任せしてしまった方が、得になる気もします。引っ越しの際、業者選びは大事です。「どこでもいい」という訳には決していきません。そして、選択に迷ってしまうのであればよく知られた大手業者を選んだ方がやはり間違いがなさそうです。例を挙げるなら、アリさんマーク引っ越し社といったような、知名度の高いところです。存在感のある有名企業ですので信頼もあり、利用人数が桁違いです。それだけ実績を積み、ノウハウの蓄積もありますから、安心できる良い引っ越しにしてくれることでしょう。。引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、中でも必要になるのはライフラインの整備であり、特に水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから相当重要だと考えてください。水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からが都合がいいかというと、引っ越し日に近いと、あまりに多忙でしょうから避けて少し余裕を見つつ、引っ越しをする日から、一週間前には水が出るようになっているなら、一番良いです。現在の部屋に引っ越してくる前のことですが、住まい探しは、近くにある不動産屋さんの店舗に問い合わせに行き、そこで探してもらいました。そこで担当してくれた人が色々質問しても穏やかに親切に説明をしてくれたりしたので信用し、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。近所に何軒かある他の不動産屋さんへも訪れて、部屋探しを手伝ってほしいと依頼する気でしたが、よそのお店のサイトに載っている物件も紹介できると担当者さんに教えてもらったので、あちこち出向かずに済みました。自営業の人など、国民年金加入者が転居を行いましたら、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きをすることになっております。引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場で手続きを済ませましょう。ちなみに、国民年金手帳と印鑑は必携です。本人が行けないということであれば、委任状を作成することで代理人による手続きが可能となります。