新保だけどノコギリクワガタ

看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、常に神経を使うことになりますし、これが続くとどうしても大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、メンタル面にもつらい部分があると言えます。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知り、実行しているかということも、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら重要なキーポイントになり得ます。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、そういうところでは大体はちゃんと土日休みになっているはずです。入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる場所で働けるようになるはずです。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。端的に言えば、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、病気をいかにして予防するかを助言したり、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。その一方、看護師さんの行うことはといえば、医師に指示されたときに、診療の補助をして、患者さんのケアをするということが中心です。新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、ちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことが当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代しながら働く形になります。こうした交代制の勤務では、生活リズムを上手にコントロールできなければ思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語にカタカナでエッセンと書く言葉があります。実は、食事休憩をとりますよ、と勤務している他の人に知ってもらうためにどこでもよく通用します。ではこのエッセンというのは何かといえば、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、そんな習慣が業界用語として残っているのです。ともあれ今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。看護師という仕事に就いていると、異業種に比べると高給です。その結果かどうかは不明ですが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。なのですが、多忙を極める仕事です。病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると聞くことがあります。収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最適なのだろうと感じています。社会に出たばかりの新卒看護師や、転職によって新しく働きだした看護師に、病院によりますが、残業代がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。残業代の未払いは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、当然、働いた分のお金は、働いた人に支給されるべきでしょう。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、実は意外と調整しやすいようになっています。シフトの具合によっては仕方がないとしても、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、子育てと両立させながらなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。たいていの場合、看護師の人間関係は良くないなどと、言われることは多いですが、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすく顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。あまり健全ではない、そんな空気の中にいてあまり良い気分もしないでしょうが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、とわかっておけば、冷静でいられるでしょう。日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。他と比べるとまあまあゆったりしているとされる病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。とはいえ、どんな病院なのか、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。いつ働くか休むかをコントロールしやすく、希望に沿った仕事をかなり自由に選択可能、というのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期で働ける方歓迎、というものもあって都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は派遣で働いてみることも一応考えてみながら職を探すのも一つの手です。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。その際ですが、再就職ができるのか、できないのかというのはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、出戻りもしやすいはずです。こうしたケースは、実際にとても多いようです。それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして復職を果たす、という人も増えてきています。看護師になろうと思ったきっかけはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに心を動かされたのが契機となりました。将来、仕事を選ぶとき、ああいう風になりたいと思って看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。いやなこともありますが、看護師になってよかったです。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。働いた分の休みはちゃんとありますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、いつでも託児を引き受けてくれる場所がないと夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。それぞれ漢字表記にすると、こうして二種の字で表せます。少し前までだと、看護士というと男性のことでそして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。2001年の法律改正を機に、女性にも男性にも使うことができる看護師の呼び名にひとくくりにされることになったのです。医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、特に大病院や、人気の診療科などがあるとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、対応には時間がかかるでしょう。クレームが入ることもよくあります。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。色々な働き方ができる看護師なのですが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。しかしながら、病院における看護業務の他にも、多くの場所で、看護師資格を持つ人材は求められています。例を挙げると、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人はじわじわ増えています。どうしても病院でなければ働けない、ということは全くなく仕事をすることが可能であり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、検温や血圧測定、動けない人の介助も担当看護士が任されます。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間にナースコールに何度も応答することになったり等々、少々混乱してしまいそうなくらいに立ち働くことになります。以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、これは多くの病院で行われるようになっています。看護師個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか測り、評価できるように、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という病院もあります。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。しかし、メインの方の職場で副業を禁止、としていることもあります。また、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業しなければならなくなることが多いです。それでも、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。少し前まで愚痴を言っていたような人がぱっと笑顔を作れるのですから時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。免許が必要な専門職である看護師は医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる専門的に看護師の求人などを支援するサイトも思った以上に多数存在しますし、上手にそういうものも使って条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、雇用する側との面接になるでしょう。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をすることになります。しかし、能力的なこと以外に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性もテストされていると思ってください。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力なども知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、一にも経験、二にも経験となります。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といった生やさしいものではありません。ですから、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。看護師の中には、向学心から別の仕事先を探す人も一定数います。規模の大きい病院に移って看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、ここ数年でどんどん病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。ですから当然、医療機関で働く看護師ももっと多くの人手が必要とされているのですが、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。でも、人手が足りていないというのなら、それは、求人募集がとても多いということでもあり、看護師にとっては、転職がやりやすいといった助かる点もあります。看護師をするきっかけとしてとても現実的な理由としてお給料を多くもらえるということがあると思います。初任給で考えても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも多くもらえていることがわかると思います。そうはいっても、このようにして高収入を得ているのですから、その分、研鑽に励み、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。その時給ですがこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが世間の相場みたいですね。パートの仕事の割には高い時給だと一見思えるかもしれませんが、人の命に関わる責任の重さやかなりの激務をこなしていることを思うと、つくづく安い値段ではないでしょうか。特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に広く考えらえていた節があります。しかしながら、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できる専門職であることが、よく知られるようになっております。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、家の屋台骨として充分に、家族が食べていけるようにできる程です。こうしてみるとよくわかりますね。看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。