市田だけどたけうっち

皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、看護師も同様でしょう。町医者と総合病院とでは、どうしても収入は違ったものになるでしょう。ですから、一般的な看護師の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。実際の看護師資格取得の難易度はどの程度だと思いますか?受験生全体の看護師国家試験合格率は毎年90%前後のようです。実際の試験の内容も、それまでの学校生活でちゃんと学習していた人であれば難なく合格できるものですから、これといって厳しい資格ということも無いようですね。皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「看護師」と言えば普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、そうは言っても、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければちゃんとした雇用条件で働けず、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、経営者サイドが適切に配慮することが最も大切です。様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておくことが重要です。中でも、女性の看護師は派手な化粧はなるだけ控えておいて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。ノーメイクとも違いますから、雰囲気が変わりますよ。ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職の年収とはいえ企業によって違うように、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、大体750万円くらいになるとみられます。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、結果的に転職率が高いと言えます。このような傾向から、転職サイトの中でも看護師専用のものが多種多様に存在しています。専用の転職サイトなら、時間をかけずに希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも参考にしてみるのが良いでしょう。看護師が外科に勤務する時の長所と短所を知っておきましょう。手術を受ける前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、看護師の成長に役立ちます。良くない面を挙げると、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、時間をかけて確実に同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。たくさんの人と出会える街コンですが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。同僚の大多数が女性、ということも多く、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。街コンでは、看護師という仕事は一種のステータスとなることが多いです。とは言え、もしも新しい出会いがあっても仕事が規則的でないということが原因で、結局は別れてしまうケースが多いそうです。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師はほとんどが女性の職業でした。しかし最近の傾向は、看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性の看護師も多いです。看護師に求められる能力を考えてみると、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も看護師にとって大事なポイントになっています。看護師の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は看護師の代表的な仕事ではないでしょうか。注射や採血を好む人は少数派でしょうが、注射の必要があるのならば、上手な看護師に注射してもらいたいですよね。とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、上手な人もいれば、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。せっかくのお休みにも友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという事が悩みのタネになっているようです。他にも、看護師が不足している職場においては、忙しくて休みが取れないケースもあります。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。看護師の勉強をするための学校には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。大学の特色は何かというと最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。対する専門学校については、実習など現場に即した内容が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。加えて、学費の面についても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。公務員看護師になるには、勤務先を国公立の病院にすることです。そもそも、看護師は長期にわたって務められる職業として勉強する人も多いのですが、さらに加えて、公務員の待遇もあれば一層安定した職業になることは確実です。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのはなによりも嬉しいメリットですよね。病院には多くの科が設置されていますが、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置の方法も異なります。ローテーション研修は、看護師にとって一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの知識を身に付けることが出来ます。将来を考えるキッカケになりますから、新人看護師の意欲も高まります。多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると昇進します。具体的には、婦長と聞けばその役職も想像がつきやすいですが、他にも役職があるのです。最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも増加しているため、正看護師も階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子持ちの看護師からすると大きな不安要素となり得ます。小学生になる前の子供だったら、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。ですから、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も多数存在するようです。看護師というものは毎日の勤務時間がばらばらであり、労働環境の大変さによって違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、実は看護師の資格というものは、いろいろな職種において役立てられることがよくあるといいます。具体例として、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。不安や悩みを抱えている患者から見ると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。覚えておかなければいけない仕事やチェックを繰り返し、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も珍しくないのです。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、まだ勤務年数が短いうちは殆どの人がシフト勤務になるはずです。私の話になりますが、妻が看護師としてシフトに入っていましたから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので大変だった思い出があります。交代勤務を代表に大変な仕事を抱える看護師ですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、その情報を責任もって申し送りをする看護師に引き継がなくてはいけません。伝言程度で終わるケースもよくありますが、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは重い責任の仕事だと言えます。知人が看護師として働いていたのですが、大病を患ってしまっていったん退職しました。ですが、身体の調子が治ったら、現場に復帰して、昔と変わらず看護師として勤務しているのです。空白期間が出来ても、資格を持っていたらそこまで苦労なく復帰できますね。普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。結婚相手として人気が高いと思われる看護師ですが、意外と未婚の人が多いようですね。具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が指摘できるのです。晩婚になる理由を挙げるとすれば、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、出世を第一にすることで結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、どうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、注意点ですが、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて給料が少なくなってしまう事があります。現在の年収を下げてまで夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働ける職場として実のところ、保育園が挙げられます。保育園を職場にするのは、子どもの世話が好きな方であれば、ぴったりの職場でしょう。保育園でどのような仕事をするかと言うと、看護師として子どもたちの健康をケアしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切な仕事です。子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、家庭の事情があって結局OLになりました。ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという選択肢もあるのですが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、看護助手として勤務しながら資格を取ることが出来る事を知りました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。総じて看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。病院勤務で、二交代制だった場合、合間で休憩はあるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。こういった長時間勤務の実態も看護師として勤務することが大変だと思われる一因だと思います。みなさんご存知のように、看護師の休日についてはクリニックや病院の勤務形態によって違っています。特に、3交代の勤務体系で行われていると、先にシフトが組まれていますので、出勤や休日がカレンダー通りではないことも一般的です。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、職場での人間関係の難しさや夜勤で体調を崩すといった問題があります。どうしても、女性が多い職場になると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくありません。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのもひとつの選択として、覚えておきましょう。将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として広く知られているとは思いますが、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。その一方で、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、医療従事者として手助けしたいと考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、笑顔で患者を支えることの出来る看護師は、多くの国で求められている職業です。海外においては意思疎通をはかるためにも、英語が必要不可欠なのです。海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、きちんと英語を学んでおくべきです。