おななと千葉

看護師という仕事をしているのは女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、その結果、離職率が高い割合を示しています。その他にも、勤務時間が一定でないこと、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚してしまう人も多いと言われています。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。職場を変わられるときには看護師であっても当然、履歴書が要りますが、注意すべきことがあります。何に気を付けるべきかと言いますと、その履歴書で最も重要な志望の理由の書き方です。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったようなやる気に満ちたような内容がいいと思います。あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。それは勤務先を国公立の病院にすることです。実際、看護師の職業は長期にわたって務められる業種で勉強する人も多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけばもっと安定性が高まりますよね。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは何よりも魅力的だと思います。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、どうしても転職率も高い数値になります。このような傾向から、転職サイトの中でも看護師専用のものが多くあります。これらの転職サイトを積極的に活用すれば、手間なく希望通りの求人を探すことが出来るので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも一緒に活用することをお勧めします。昨今、看護師は足りていないと言えます。かつて看護師資格を取得したけれど、現在は看護師として勤務していないという方も多いです。このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師の離職率が高いということが大きいと思います。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。職場の大半を女性が占めており、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。初めて看護師として働こうと思っても、就職先がなかなか見つからないという方は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。一般的に、求人には年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、場合によっては、病院が内実に採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、相当な努力が必要になると思います。看護師も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと昇進し、階級が上がることがあります。階級として、婦長などは誰でも知っている役職ですが、他にも役職があるのです。最近では、学生やパートの看護師も珍しくなくなってきましたから、国家資格を持った正看護師の立場では役職的には上の立場になるわけです。もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。昔から看護師さんになるのが夢でした。ですが、家庭の都合から、企業に就職して会社勤めをしていました。でも、夢を諦められませんでした。思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働く事も選択肢の一つでしたが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、現場で看護助手として働くと同時に看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。この方法で看護師の夢を叶えたいです。医療のスペシャリストである看護師が必要な施設というのは、病院以外にもあります。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても看護師は必要とされています。こういったグループホームに入所している方は、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師は一つの選択肢として、グループホームで働くというのも考えてみてはいかがでしょうか。このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、内実は夜勤の分の手当てによって給与が高くなるといえるでしょう。仮により高い給与を看護師の仕事で得たいのならば、勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤で働けるところにしましょう。当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の差は大きくなります。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、看護師の仕事がありますよね。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、経験を積む上でも必然的にシフト勤務になると思います。妻の話ですが、看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって大変でした。看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、説明しましょう。まず第一に、術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、看護師の成長に役立ちます。マイナス面としては、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長期間じっくりとそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。普通、注射や採血は看護師が行うものです。注射や採血を好む人は稀なタイプだと思いますが、どうしても打たれなければならないなら、痛くないよう、上手に打ってくれる看護師にしてもらいたいのが人情でしょう。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、上手に刺してくれる人もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。しかし、昨今では、徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらちょっとさみしくも感じられますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。世間から見ると、看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など辛いことも多いですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均して高水準を続けられることが分かっています。景気に左右されないのも強みでしょう。こうした安定性と給与の高さから見ると、魅力のある職業だと言えます。よく大変だと思われる看護師ですが、労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、途中で休憩をとることはとるのですが、合計勤務時間が16時間になることも。こういった長時間勤務の実態も一般的に、看護師の勤務というものが大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。看護師試験合格に向けて学ぶ場所として医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。大学の特色は何かというと高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。その他、学費に関しても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、決まって体調を崩すようであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。重要なポイントとして、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働く看護師と比べて給料が少なくなってしまう事がほとんどです。今の収入を減らしてでも、今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。高い階級から言うと、職場によっても違うのですが、大抵は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。どういう人が出世するのかというと、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周囲の信頼を得ることが重要でしょう。当然ですが、階級が高い程、高い収入を見込めます。国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、日本の医療を提供できたらと考えている看護師の方もいると思います。実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。当然ですが、海外では医師や患者と意思疎通をはかる上で、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。医療に関わる職種の中でも看護師という職業は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、やっぱり、労働組合がないと雇用条件において不利になることも生じて、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。ストライキを起こそうにも看護師という仕事では難しいため、雇用する側が、きちんとした配慮を行うことが大事なことだと思います。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておくことが必要になります。中でも、女性の看護師は派手なメイクは避けて病院に適したナチュラルメイクを施すのが良いでしょう。ノーメイクという訳でもありませんから、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が変わりますよ。看護師といったら、昔はほとんどが女性の職業でした。ですが、ここ最近の傾向としてどこでも看護師の名称が使われ、男女共に働く職業となってきました。看護師に相応しい性格や能力をみても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、看護師に求められる要素だといえるでしょう。近年、相次ぐ病院の統廃合によって医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も必要で、多くの看護師がとても大変な思いをしているという現実があります。少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、精神的に疲れてしまったり、行きたいときにトイレに行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも深刻な現状を表しているといえます。どうしても、看護師という職業においては煙草を嗜む人が多くない印象がありますが、いかにもその通りで、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。看護師は病気の患者と接しますから、煙や臭いで不快な思いをさせないように、注意している人が増えていることが理解できます。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまでハードな仕事を強いられる看護師でも、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、その情報を責任もって申し送りをする看護師に引き継がなくてはいけません。それほど重要でない情報も少なくないですが、病状や処置に関する情報については安易な気持ちで申し送りできないものです。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。女性の多い職場であるため男性との出会いのチャンスがなくて、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。ですが、たとえカップルが成立しても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、駄目になってしまうこともあるようです。看護師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれている通り、世間的には、印象良くとらえているという人が多いでしょう。ただ、看護師の現状はというと、収入面ではそう悪くはないとはいえ、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているのです。良い面だけを見るのではなく、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。友人は看護師として病院に勤めていたのですが、病気を治療するため退職したそうです。ですが、身体の調子が治ったら、早速現場に戻って、病院で看護師としての仕事を続けているのです。空白期間が出来ても、有利な資格があれば復帰も早いと思います。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。全国的に看護師が不足している現状は十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。原因としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため看護師にかかる負担が増え、労働時間も長くなりますから、休みを取るのも困難なのです。また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、退職する人もいます。